ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【早くも】NHK杯[5/18]【オワ】
2008年05月19日 (月) 01:06 | 編集
第56回NHK杯テレビ囲碁トーナメント
1回戦第7局
溝上 知親 八段 VS 坂井 秀至 七段
解説:蘇 耀国 八段
結果:坂井七段の白番半目勝ち



ゆっくりとした序盤。
中盤で黒がやり損ねた感じでマズイかなーと思っていたら、徐々に追い上げ。
終盤のワープ解説で黒が厚いなんて蘇さんが言ってるものだから黒勝ちなんだと思っていたら・・・(^_^;)
中盤で、もし時間があれば本気で取りに行ってたんですかね~。
残念無念。加藤さんも初戦敗退で、私のNHK杯オワタ\(^o^)/

それにしても今回は、蘇さんの解説(というかキャラそのもの(笑))が面白かったなぁ。
いきなり大声あげて驚いたり、時々タメ口になったり(笑)、嘘のつけない良さそうな子やわぁ。。。
そういえば、みぞっちの対局姿を「やる気なさそうに見える」みたいに言っててワロタ(笑)。
棋士の間でも、そういう風に見られてるのね(笑)。
スポンサーサイト
【夏が】NHK杯7/22【終わった】
2007年07月23日 (月) 00:44 | 編集



第55回NHK杯テレビ囲碁トーナメント
1回戦第17局
森田 道博 九段 VS 溝上 知親 八段
解説者:大森 泰志 八段
結果:森田九段の白番中押し勝ち



いつも通りワクワクドキドキテカテカしながら見始めたんですが、画面に映った瞬間、あれ、と思ったんです。
何て言うか、顔がぼやっとしてるっていうか、しまりがないというか。
今までと何か違う。
これはどうかなぁと心配しつつ、幸せ太りなんかなぁとも思いながら、それでも応援しながら見てたんですが、やはり案の定の結果でした。

安倍首相も、一時支持率が高かったときは、すごくいいお顔をされていました。しかしその後いろいろなことが起こって以降は、人相がおかしくなってしまいました。

そんなわけで、盤上のことは分かりませんから、形勢判断は人相判断なのです。(^^;)


来期は女流名人として加藤啓子さんが出場されます。夫婦で出場できるよう、がんばってね、みぞっち。


関連記事
#1286 NHK杯1回戦第17局 ミゾッチ登場(おおなかこなか)


画像は志強さんのサイトより


竜星戦も初戦敗退だし、もう今年はオワタ\(^o^)/

NHK杯決勝3/18
2007年03月19日 (月) 02:36 | 編集
休日出勤だったので(泣)録画を見ました。
今期の趙十段はすごい。そんなんでホントに大丈夫なんかなーというところから、あれよあれよという間にごちゃごちゃ荒らして、戦いがすんだらオワ。すごいというか、恐ろしい。
序盤の二間トビ(だったかな)とか、あれがどういう手なのか私にはわからないけど、まだまだどんな若手棋士よりも意欲的で柔軟で、碁に対して貪欲だなあと思った。今の若手でああいった手を打てる人はいるだろうか。若い棋士たちよりも“若さ”を持っていると思った。

趙治勲十段、優勝、そして70回目のタイトル獲得おめでとうございます。



対して結城九段。かなりがっかりしました。いつもの負けパターンじゃないですか。荒らされて、ふてくされて。中盤でもっと辛抱していれば、勝ち目はあったはず。
いつまで経っても進歩しませんね。棋力よりも、性格をなんとかしないとダメでしょう。



囲碁:本因坊治勲がタイトル獲得・優勝回数記録70に更新(毎日新聞)

囲碁の趙治勲十段が70タイトル獲得・NHK杯優勝(NIKKEI NET)

趙十段、タイトル獲得&棋戦優勝記録「70」に更新(イザ!)




女流棋聖戦:梅沢新女流棋聖誕生!
2007年03月01日 (木) 03:27 | 編集
第10期ドコモ杯女流棋聖戦挑戦手合第3局(NTTドコモ)2/28放映
万波佳奈女流棋聖 対 梅沢由香里五段
結果、梅沢五段の白番12目半勝ち。初タイトルを獲得した。

(棋譜)
梅沢由香里五段、初タイトル獲得おめでとうございます!!
放送を見ていましたが(実は第1局・第2局は見るのを忘れていました(^^;))、序盤は黒ペース、白が真ん中の黒をとってからは白ペースに、途中黒にもチャンスがあったが右下のコウを白が制して白勝勢に、という感じでした。(解説の石田芳夫九段の次の手予想がことごとく外れててワロタ(笑))
対局後は簡単なインタビュー。賞品のドコモダケファミリーのぬいぐるみを渡されて、「私もこういう風になりたいですね」と。(^^) すごく嬉しそうで、最後の方はテンション上がって(?)稲葉さんと二人で笑ってました(笑)。
改めましておめでとうございます!

対して、万波三段は残念でした。でも、いつでもタイトルをとれる棋士なので、奮起を期待しております。お疲れ様でした。


「囲碁界のアイドル」梅沢五段、女流棋聖に(asahi.com)

おかげさまで」(梅沢由香里のつれづれ日記)






【竜虎】NHK杯2/25【相搏つ】
2007年02月26日 (月) 01:18 | 編集
kuro_yoda.jpg

本日は緑のお着物 貫禄十分 依田紀基九段



siro_chou.jpg

毎度お馴染みダークスーツ姿 冷静沈着 張栩碁聖



先週の治勲十段の碁は大変感激しましたが、今回の碁もすごかったですね。
張栩さんと依田さんの碁はいつも細かくなるそうですが、今回も半目勝負でした。(でもお二人の顔色で黒がいいんだなーということがわかったので、ハラハラドキドキはあまり無かったかな(^^;))
最初から最後まで、まさに「泰然自若」な依田さんと、終盤で頭を抱える張栩さん。お二人の最近の調子を伺わせるものでした。
張栩さんは本当に、調子が悪いんでしょうかね。早く調子を戻して、山下と高尾の首根っこつかまえてくれないと困るんだけどなー。(^^;)
依田さんは相変わらず、萌え萌え~(笑)。髪伸びた? 最初何か落っことしてたけど、何だったんでしょうね(^^;)。扇子の揮毫は前回の溝上戦に引き続き「敬天愛人」。西郷隆盛の言葉だそうです。(NHKテキストより) 左手にはクルミを持っておられました。クルミをゴロゴロ、扇子をパシパシ、碁石をビシビシ。。。。。うるさーい!!(笑)

gonaさんの記事を読んで初めて気が付きました。
勝ち残り棋士に二十代がいない!!
ていうか、若手四天王にしても羽根さんと高尾さんは確かもう30才だったような(^^;)。高齢化が進んでますなぁ。後の世代、がんばってくれよぅ。
そしてなにげに、こっそり、忍者が勝ち残っている。(^^;)
優勝はもちろん依田さん希望! 次で治勲先生と当たるのはもったいないなぁ。


画像は志強さんのサイトより





Powered by まとめ. / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。