ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロのブログ一件追加
2006年04月30日 (日) 01:13 | 編集
GO 碁 ! 好き勝手
http://blogs.dion.ne.jp/go_igo/

青木紳一九段によるブログです。
“ワイフ”って・・・そういうキャラだったんですか青木さん。(笑)


>緑星囲碁学園の可愛い弟弟子たちの事などを書いていきたいと思います。

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +
スポンサーサイト
LG杯統合予選まとめ
2006年04月29日 (土) 21:20 | 編集
※以下、左が勝ち。青字:日本棋院所属 緑字:関西棋院所属

2回戦(25日)の結果

A組
蘇耀国八段-金恩善三段
金惠敏三段-三谷哲也四段

B組
彭セン六段-横田茂昭九段
中根直行八段-金兌郷初段

C組
瀬戸大樹六段-李相八段
姜至省七段-山田規三生九段

D組
後藤俊午九段-李多慧三段

E組
楊 一六段-中野泰宏九段
張豊猷七段-金榮桓八段

F組
黄翊祖七段-江鑄久九段
李聖宰七段-円田秀樹九段

G組
金主鎬六段-湯川光久九段
徐武祥六段-星野正樹八段

H組
金基憲四段-三村智保九段
王 檄五段-清成哲也九段(24日対局、一回戦ぶら下がり)

I組
藤井秀哉六段-金俊洙アマ
潘善七段-尹鍾燮三段

J組
柳時熏九段-李晶媛二段

K組
河成奉アマ-坂井秀至七段
文明根八段-大矢浩一九段

L組
中野寛也九段-崔珪九段
劉 星七段-鶴山淳志六段

M組
金秀俊七段-劉栽豪二段
井山裕太七段-金亨奐三段

N組
安齋伸彰三段-千豊祚八段
趙善津九段-朴振八段

O組
望月研一六段-朴勝文五段
溝上知親八段-元晟シン七段

P組
梁 建七段-大場惇也四段
崔明勳九段-石田篤司九段


3回戦(26日)の結果

A組
蘇耀国八段-金志錫三段

B組
徐泰アマ-中根直行八段

C組
ユ旻五段-瀬戸大樹六段

D組
李相勳五段-後藤俊午九段

E組
張豊猷七段-楊 一六段

F組
黄翊祖七段-安官旭六段

I組
藤井秀哉六段-金孝坤四段
金大容二段-潘善七段

J組
柳時熏九段-許暎皓五段

L組
中野寛也九段-劉 星七段

M組
金秀俊七段-安永吉五段
井山裕太七段-朴正祥五段

N組
安齋伸彰三段-劉 菁八段
尹相四段-趙善津九段

O組
望月研一六段-金潤泰六段
溝上知親八段-尹八段


準決勝(27日)の結果

A組
蘇耀国八段-古靈益三段

E組
張豊猷七段-朴進率三段

F組
黄翊祖七段-林書陽三段

I組
謝 赫六段-藤井秀哉六段

J組
黄奕中六段-柳時熏九段

L組
洪性志四段-中野寛也九段

M組
金秀俊七段-王 磊八段
陳時映初段-井山裕太七段

N組
安齋伸彰三段-金光植五段

O組
張 維三段-望月研一六段
薫鉉九段-溝上知親八段


決勝(28日)の結果

A組
蘇耀国八段-金鎮祐二段

E組
林至涵七段-張豊猷七段

F組
黄翊祖七段-孔 杰七段

M組
陳時映初段-金秀俊七段

N組
尹相四段-安齋伸彰三段


結果、予選枠抜けは蘇耀国八段、黄翊祖七段の2名でした。
お二人ともお疲れ様でした。
蘇さんは期待通りの活躍で、心からありがとうと言いたい。見ていて安心できます。
イソたんはコンジェに勝っとる~~~!!!((((;゜д゜)))すげぇ。イソたんの時代が来そうな予感。今後要チェック。
安斎くんは今回日本からの参加棋士の中で一番低段(入段も一番最近だったかな)だったのに、あと一歩のところでしたね。残念。でも自信になったと思うんで今後につなげてください。期待してます。
キムくんは、やっぱキムくんだなぁ~(´∀`) どーせ決勝で負けるんだろーなんて悪いこと考えてたら、本当に負けやがった。(ノ∀`) アチャー
りゆーたんも、前も決勝で負けたらしいけど・・・新人王戦でりん天元に勝ってたから、このLG杯でも枠抜けしたらももぞうの中の期待度超アップだったんだけどなぁ。


(´-`).。oO(またフニョン先生に負けた・・・・)

'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、



本戦シード選手は山下敬吾棋聖、高尾紳路本因坊、趙治勲十段、河野臨天元。
四人ともタイトルホルダーなのだが、頼りないこと極まりない
そろそろタイトルホルダーをそのままシードにするのはやめたらどうだろう。日本のタイトルホルダーは、“マラソン大会”の優勝者である。対して世界戦は100m走。同じ陸上競技でも、長距離と短距離の違いがある。マラソン選手を100m走に出すのは無理があるだろう。例えば世界戦用の、持ち時間1時間ぐらいのランキング戦を作って、それの上位者をシード選手にするのはどうだろうか。今やってる(誰が見ているんだかわからない)幽玄の間ランキング戦をそういう風にしてくれたらいいんだけどな。まぁ、日本棋院の中の人には何も期待してない。
あと、2chで書かれてたように思うけど、ヨーダと結城はしばらくの間無条件で世界戦シードにしてほしい。世界戦の結城さんは倍率ドンさらに倍(古くてすまん)で強いからなぁ。

風の精ルーラさんが「日本の高段・上位棋士たちの情けなさが目に付きます」と書かれている。そして「日本の上位が勝てないのはただ単に出てこないせいかと思っていたら、低段棋士の方が実は世界で通用しているからでは?」とも。
今年入段の棋士が、よく並べるのは李昌鎬九段の碁だと答えていたように思う。そして日本の最近のタイトル戦で打たれた碁を知らなかった(囲碁パラでそういうクイズをやっていた)。若手棋士たちが目標にしているのは韓国・中国のトップ。山下・高尾など、目にも入っていないんだろうと思った。彼らは世界戦対策の勉強をするというより、普段の勉強すべてが韓国・中国に目を向けた勉強だから、低段棋士の方が世界戦で通用するのでは、と考える。

よく“日本の棋士と韓国・中国の棋士との力の差はないと思う”というようなことを雑誌などで発言する棋士がいるが、本気でそんなことを考えているのだろうか。この世界は結果が全てなんじゃないの?その結果が如実に語っている。日本と韓国・中国の力の差を。日本の棋士はそろそろ妄想から抜け出した方がいい。後輩に目標にもされない、打ち碁並べさえもしてもらえない現実を受け止めるべき。

とりあえず、LG杯は蘇さんとイソたんに期待。お二人ともがんばってください。


参考(というか、こちらの方が詳しいです^^)

LG杯予選決勝、蘇と黄枠抜け!!」(囲碁と法律の雑記帳)

第11回LG杯国際予選 終了」(gonaの囲碁日記)
LG杯国際予選その1
2006年04月26日 (水) 03:13 | 編集
寝てたらまとめる時間がなくなってしまいました。すみません。(^^;)ゞ
後日まとめます。

2日目終わって勝ち残りは、(段位略)
蘇耀国、中根直行、瀬戸大樹、後藤俊午、張豊猷、黄翊祖、藤井秀哉、潘善キ、柳時熏、中野寛也、金秀俊、井山裕太、安斎伸彰、趙善津、望月研一、溝上知親、の16人。
もうすでに日本選手が消えた組もいくつかありますね・・・。枠抜けにはまだまだですが、みなさん踏ん張ってください!!

(´-`).。oO(みぞっち残ってる・・・ホッ)


詳しくは風の精ルーラさんのところでどうぞ。
LG杯予選2日目、日本前途多難」(囲碁と法律の雑記帳)

書呆奕的網站

棋聖道場
棋聖戦リーグの振り分け決定
2006年04月26日 (水) 02:55 | 編集
棋聖戦リーグ、振り分け抽選を実施…6月1日開幕(読売新聞)














































   Aリーグ    Bリーグ 
 1 羽根直樹九段  1 結城聡九段
 2 三村智保九段  2 小林覚九段
 3 小松英樹九段  3 加藤充志八段
 4 依田紀基碁聖  4 王立誠九段
 5 張栩名人  5 趙治勲十段
 5 本田邦久九段  6 今村俊也九段

各リーグ分けは上記の通りです。 期待するのはやはり久しぶりのリーグ復帰となった趙治勲十段ですね!七番勝負にもまた出て欲しい!リアルタイムで見たい!
小ネタ集[4/16]
2006年04月16日 (日) 02:32 | 編集
◆GW囲碁番組

タイトル戦・特別番組(NHK)
http://www.nhk.or.jp/goshogi/special/index.html

NHKのゴールデンウィーク前後の囲碁関連番組について(日本棋院)
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/newsrelease/06-gw.htm

梅沢由香里五段とたんけん囲碁の世界
子どもたちに人気の囲碁棋士・梅沢由香里五段が、子どもたち向けに優しく囲碁のルールと面白さを教えてくれる、囲碁入門エンターテインメント番組。スタジオいっぱいに広がる巨大碁盤の世界を子どもたちが走り回って囲碁を覚えていく4年前に放送された「こども囲碁入門・9路盤にチャレンジ」をベースに日本棋院の探検も加え、2時間で囲碁のイロハが分かる番組です。親子でお楽しみください。

<生徒>
ヒロキ(堀川 裕生)、ユイ(小倉 唯)
<先輩4人衆>
ヒデヨシ(冨澤 英介)、ナミノ(鈴木 奈美乃)
レイナ(菊原 令奈)、リョウ(菊原 涼)
<先生>
梅沢 由香里 五段

教育テレビ
5月3日 午前10時00分~12時00分



伝説の碁打ち 本因坊秀策 
~初心者にも分かる名勝負~
江戸時代に実在した伝天才棋士・本因坊秀策。彼の生涯をたどるドキュメント番組を放送します。5歳で碁を覚え、将軍の前で打つ「御城御」で19連勝無敗という大記録を作りながら若くして亡くなった天才棋士秀策の生い立ちをたどります。そしてその棋譜をコンピューターグラフィックスを使って徹底再現。初めての人にもわかりやすく囲碁の醍醐味を紹介します。囲碁の魅力にとりつかれ、やがて伝説の碁打ちとなっていく本因坊秀策の生涯をたどりながら、囲碁のおもしろさを体感する新しいタイプの番組です。

衛星第2テレビ
5月6日 午後00時10分~2時00分



梅沢さんの番組は、以前に放送した番組の再編集+αという感じでしょうか。
秀策の番組はおもしろそう。楽しみ。
コピペして気付いた。「御城碁」が正解ですな。(^^;)

>5月6日 午後00時10分~2時00分
(´-`).。oO(またジャーナル休み・・・・・) 


◆ゆかりせんせい

533 名前:名無し名人 投稿日:2006/04/15(土) 20:24:50 ID:m9wlv0yh
棋院の新しいプロフィール写真が怖い



http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000346.htm

なんでこんな( ´Д⊂

(追記)
他にも写真の変わった棋士が何人かいるようです。
http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000101.htm
おっさんかわいいよおっさん(*´Д`*)




http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000321.htm
あれれ、手が勝手にタグを(´∀`)エヘ

ついでに貼っとくか(笑)
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/u-gen/u-gen02/diary.htm#mizokami
十段戦第4局:趙十段防衛!
2006年04月14日 (金) 00:02 | 編集
趙十段が連覇」(産経囲碁Web)

囲碁十段戦 趙治勲が防衛し自己最多記録更新」(Sankei Web)


十段防衛キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


3局目負けたときはどうなっちゃうんだろうって思ったんだけど、良かった!(ホッ)
治勲先生、まだまだ強い!(韓国トップ相手には歯が立たないけど・・・)
勝ち方も格好良くて、2局目なんかモエモエしちゃった(*´Д`)(笑)
ご自身の記録である、最多タイトル保持数も69に更新!
こうなったら、ホントに100まで行っていただきたい!
治勲先生、お疲れ様でした!就位式でのオモシロスピーチを期待してます!(笑)
本因坊戦プレーオフの結果は…
2006年04月13日 (木) 23:57 | 編集
依田紀基碁聖 対 山田規三生九段
結果 黒番の山田九段が半目勝ちし、
高尾紳路本因坊への挑戦権を手に入れた。



     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: | 挑戦者は   | ::|
  |.... |:: |         | ::|
  |.... |:: | キミオ    | ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄

     |           .( ( | |\
     | )           ) ) | | .|
     |________(__| .\|
    /―   ∧ ∧  ――-\≒
  /      (    )       \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |______________|

   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/





プレーオフ」(gonaの囲碁日記)

_| ̄|○人○| ̄|_
タイゼム・関棋ネットリニューアル!
2006年04月12日 (水) 02:58 | 編集
タイゼム
http://www.tygem.co.jp/
関棋ネット
http://kanki.net/

関棋ネットがタイゼムと提携。ゼミやイベントなども盛りだくさん。
うわ~、リニューアルしていい感じになりましたね~~~(*^^*)。こんな感じのサイトを待っていた!キャラクターもかわいいし、何より明るい雰囲気で(・∀・)イイ!
タイゼムのID持ってるんだけど、関棋ネットでもう一回とっちゃお。(^^;)
無料会員でもかなりの高機能だと思うけど、正会員は、中の人┌(┐なдぞ)┐さんによると30日1500円みたいです。(ナゾさん乙です!でも、Netscapeだとコラムと掲示板が表示されません!(^^;))
これだけ充実してたら、お金出してもいいなぁ。
しばらく打つ気無くしてたんだけど、もう一回がんばってみるか。


それにしても、比べてみたら幽玄の間はしょぼいなぁ。
あれで月2100円て・・・・払う気にならんなぁ。。。。
小ネタ集[4/12]
2006年04月12日 (水) 02:54 | 編集
◆第3回中野杯出場棋士決定

(日本棋院東京本院)
黄翊祖七段、三谷哲也四段、安斎伸彰三段、謝依旻三段、李沂修二段、奥田あや初段、向井千瑛初段、玉井伸初段、内田修平初段、関達也初段、堀本満成初段、万波奈穂初段
(中部総本部)
柳沢理志初段、志田達哉初段
(関西総本部)
井山裕太七段、大橋成哉初段
(関西棋院)
河英一四段、村川大介三段、三根康弘初段、金俊初段、高嶋武初段、畠中星信初段
(院生)
田尻悠人、大淵浩太郎、富士田明彦、寺山怜(以上東京本院)、熊本秀生(中部総本部)、村松大樹(関西総本部)

やはり本命は井山七段と黄七段か。いきなり七段なのはずるいよな(笑)。
個人的には、三谷四段を推してみる。女性もみんな強いよね。
今年の新初段がどれだけ活躍してくれるか期待。
大淵浩太郎院生は、もしかして大淵九段の息子さん?



◆成分解析

453 名前:名無し名人 投稿日:2006/04/10(月) 12:39:35 ID:gLQKLcWH
石田芳夫の成分解析結果 :
石田芳夫の85%は魔法で出来ています。
石田芳夫の8%は勢いで出来ています。
石田芳夫の5%は華麗さで出来ています。
石田芳夫の1%は罠で出来ています。
石田芳夫の1%は乙女心で出来ています。


趙治勲の解析結果
趙治勲の86%は魔法で出来ています
趙治勲の8%は柳の樹皮で出来ています
趙治勲の3%はマイナスイオンで出来ています
趙治勲の2%は心の壁で出来ています
趙治勲の1%は理論で出来ています


ヨシオもチクンも魔法使いです。

gonaの囲碁日記「依田紀基の解析結果

依田紀基の解析結果
依田紀基の81%は電波で出来ています
依田紀基の12%は気の迷いで出来ています
依田紀基の5%はマイナスイオンで出来ています
依田紀基の2%は心の壁で出来ています


李昌鎬の解析結果
李昌鎬の68%は優雅さで出来ています
李昌鎬の18%は成功の鍵で出来ています
李昌鎬の6%は理論で出来ています
李昌鎬の5%は心の壁で出来ています
李昌鎬の3%はお菓子で出来ています


溝上知親の解析結果
溝上知親の87%は不思議で出来ています
溝上知親の7%は保存料で出来ています
溝上知親の6%はお菓子で出来ています


それぞれ何となく当たってるところがすごいね。

張栩の解析結果
張栩の99%は蛇の抜け殻で出来ています
張栩の1%は情報で出来ています


うっくんなんかすごい。



ももぞうの解析結果
ももぞうの87%は食塩で出来ています
ももぞうの6%は濃硫酸で出来ています
ももぞうの4%は言葉で出来ています
ももぞうの3%は理論で出来ています


(´・ω・)......
おあとがよろしいようで。
小ネタ集[4/9]
2006年04月09日 (日) 19:51 | 編集
囲碁・将棋ジャーナル、小リニューアル。
真ん中に司会者、その脇にキャプテン、そして端にゲスト。


終わり際に、武宮先生に象印ホットプレートが渡されるのかと思いました。


・・・んなこたーない(^^;)。(NHK的には連想ゲームの方がいいかな・・・歳が知れるな(^^;))

今回から、総合司会として伊藤博英アナ(ジャーナルのサイトには福井慎二アナも名前が載っているのでこちらも月替わりなのかも)が真ん中に座り、司会兼ナレーター。聞き手は月替わり。今月は囲碁が林芳美さん、将棋が中倉彰子女流初段。囲碁と将棋の座り位置が左右逆に。(情報・解説の紹介順は変わらず)情報コーナーの時の「名人戦」「天元戦」などの画面にいちいち音がついてちょっとうざいかも。伊藤アナが棋士をタイトル名や段位を付けずに名字だけで呼ぶ(原稿通りだろうけど)のに違和感。そこを略すのは何故だ。林さんが棋士のことを「先生」と呼ぶのもやめてほしいな。「先生」って、便利なんだよね。タイトルや段位覚えてなくてもいいんだから。武宮九段くらいなら先生でもいいかなって思うけど、山下棋聖相手に先生は、どうなんかなぁ・・・。好みの問題でしょうか?
余談だけど、シャトル先生とヨーダが並んで映ってて、ヨーダでかくて噴いた(笑)。




ふと思ったこと。
NECカップはNHK杯選手権者が出場することになっている。
但し、出場棋士は日本棋院所属棋士。
もし前期NHK杯で今村俊也九段が優勝していたら、どうするつもりだったんだろう。
特例として出場か、黙殺か。
そういう意味でも、今村さんには優勝して欲しかった。
ていうか、NECが関西棋院をシカトする意味がわからん。仲が悪いのか?




何となく、おもしろかったので保存。

光一先生が中野“ちょんまげ”泰宏九段のことを知らなさすぎておもろない。結城さん呼んでこい。(レオ先生でも可)


・・・と、ここまで書いて出かけたのだが、帰って見てみたらあら大変。あんなことがあったなんて・・・。何か、ウッテガエシとかそういう手があるのかと一瞬思ってしまった(^^;)。万に一も無いことなんだろうけど、NHK杯だからこそ(プレッシャーやら何やらがあって)起こってしまったことなのかもなーと思った。
ちょんまげ先生はドンマイ。そんな先生が憎めないぜ。
ていうか、ちょんまげ先生って、メガネ外して髪型それなりにして、眠そうな顔をパチーンと叩いたら、男前だよな?




新人王戦。
りゆーたん(張豊猷七段)が、優勝候補当然の筆頭、河野りん天元に勝つ殊勲。
河野りん、こんなところで負けてるようじゃちょっと思いやられる。りゆーたんは勢いがつくかもしれんな。がんばっていただきたい。
他の優勝候補はユータにイソたんかな。個人的には、松ちゃん淳ちゃんの治勲門下コンビどちらかに優勝していただきたい。ファンなので。松ちゃんはもう年齢ギリくらいじゃないかなぁ。
それにしても年齢制限を下げて、ようやく新人らしい棋戦になった。低段の棋士もがんばってるね。
残念なのは、NEC俊英、JAL新鋭がなくなって若手が切磋琢磨する場が減ったこと。誰かスポンサーやってくれる人はいないもんか。
Powered by まとめ. / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。