ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萌え萌えNHK杯
2006年05月08日 (月) 02:40 | 編集
mizo

(画像は志強さんのところから拝借いたしました)


ももも、萌え死ぬかと思った~~~!!!(笑)

みぞっちが打つのを見るのはものすごーく久しぶりな気がする。(前期出てないし、竜星戦はブロックの最後だし…)やっぱかっこいいわ~~クールビューティーだわ~~~(笑)。
序盤、地を稼ぐのはいいけど石が下に行って、相手に厚みを与えてしまっていいんかいなとドキドキしてたんですが、厚みも生かさせず効き筋も効かさせずでかっこいい打ち回しでした。やっぱりみぞっちの勝ち碁はかっこいい 途中何度か焦ってた顔もカワイイ(笑)
本当は横田さんも好き棋士なんだけど(岡山県出身♪)今回ばかりはヒール役になっていただきました。他の棋士の時にがんばってください。(笑)

adv55さんが、

それにしても溝上八段の中盤まで殆ど考慮時間をつかわない打ち方は、何か意図があったのだろうか?


と書かれていますが、それに関しては先日ゲスト出演された囲碁パラで、以前はよんでよんで読み切るタイプだったのが、最近は少しそれから外れて、なるべく直感で思い浮かんだ手を選ぶようにしている。いい考えをそのまま素直に出そうと思っている。直感で打つようにしてから調子が良くなったかな、ということを仰ってました。
考慮時間に関して、以前は序盤から時間を使って、いつも秒読みになっていたように思います。(それがすました顔して8とか9とかで打つもんだから毎回ヒヤヒヤもので(^^;))確か蘇耀国さんも最近はあまり考慮時間を使わないで打ちますよね。溝上さんは蘇さんとも仲が良いですし、お互い国際戦でも結果を出されているので、国際戦に照準を合わせた打ち方をされているのではないかと思います。これからはこういう碁になっていくのかなとも予感させる碁でした。



左下の小窓に映るみぞっちが、仮面ラ●ダーカ●トの加賀美に見えた私は間違いなく特オタ。(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。