ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三星杯国際予選:決勝
2006年08月18日 (金) 03:04 | 編集
決勝戦の結果
(左側が勝ち、緑色が日本棋院・青色が関西棋院棋士)

H組  金 秀俊 七段  溝上知親 八段
L組  白 洪淅 四段  鶴山淳志 六段

ということで、予選枠抜け者は金秀俊七段ただ一人ということになりました。
まずは鶴山六段。序盤から中盤にかけては優勢だったようなんですが、終盤、ヨセで半目抜かれてしまったようです。もうひとがんばりだったのになぁ。残念。
金七段対溝上八段戦。こちらは棋譜が出てないのでどういう内容だったのかはわかりませんが、金が勝ち、ようやく本戦へ。キムくんよかったね~と手放しに褒めたいところだが…………ももぞう的にはマイナスエネルギー出まくりですよ(苦笑)。みぞっちは前エントリーでも書いたけど、トヨタ・デンソー杯の予選決勝でも林海峰名誉天元に負けてて(これもひどい碁だったなorz)、他にも大事なところでちょくちょく負けています(単に弱いだけかもorz)。まぁ、予選決勝までがんばってくれたので……と、自分を納得させるのに必死。(苦笑) ああ、ベレケベレケ。。。
金さん、溝上さん、鶴山さん、お疲れ様でした。

今回の予選では(今回も、か)日本棋士の不甲斐なさが目立ちましたね。一回も勝てない、一回しか勝てない棋士多すぎ。手弁当で勉強に行ってるんだろうけども、そんなに勉強したかったら普段から韓国の研究会にでも参加させてもらったらどうですか。それをやってた人もいたし、ツテならいくらでもあるでしょう。こんな大事な公式戦を勉強代わりにしてくれて、それで棒にも箸にもかからないんだから、これはもう恥さらし以外何ものでもない。日本の恥です。もうこれ以上、偉大な先輩方が築いてきた日本の地位を落とさないで。本当にやる気・枠抜けする力のある人だけ参加してください。


フォト/煮こま見えるのか?(サイバーオロ)

韓国 8, 中国 7, 日本 1 本船で会います!(サイバーオロ)
この記事によると、日本のシード選手は山下敬吾と河野臨。ランキングシードで趙治勲。うーん……正直、オワ。キムくんに期待。


予選組み合わせ(男子組)

予選組み合わせ(女子組)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第11回三星火災杯世界囲碁オープンの統合予選が12日~17日にかけて実施され、本戦出場16棋士が出揃いました。本戦は9月6日から。予選通過16棋士にシード16棋士を加えた32名で争われます。第11回三星火災杯世界囲碁オープン統合予選結果関連ブログ記事紹介囲碁と法律の雑記帳
2006/08/18(金) 11:51 | タイゼム囲碁公式ブログ
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。