ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本棋院の中の人は相変わらずバカだなー。
2006年11月10日 (金) 23:54 | 編集
スター棋士活用、免状作戦 日本棋院、会員増と増収狙う(朝日新聞)


なんつーか、もうね、意見を書くのもアホらしいですよ。
これで会員も増えて!収入も増えて!と目論んでいる日本棋院の中の人。いやー、めでたいですね~。お花畑満開ですね~~。

免状なんてね、好きな棋士に書いてもらったらいいんですよ。
将棋の渡辺竜王なんか、免状に署名したってよくブログに書いておられるじゃないですか。名人本因坊が署名するのなんて、「当たり前」なんですよ。
時代に合わなくなってきたとかいろいろ理由はあると思うけど、免状だって大事なものだと思います。でもね、いきなり“免状をとれ!とれ!”とするから、嫌がられるんですよ。“今すぐにじゃなくて、そのうちとってもらえるような環境を作る”ことが大事だと思うんだけどなー。
まぁ、棋院の中の人にはまったく思いつかないことなんだろうなー。
つーか、「スター」とかってもう、恥ずかしくて見てらんない( ´,_ゝ`)


こういうの、やってますよ、お隣さんは。
あちらは名人戦問題のゴタゴタはともかくとして、やることやってるからなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もっと頑張って欲しい(汗
yahooのインタビューで羽生先生が
「将棋はネットと相性がいい」と言われていたようですが、囲碁こそネットと相性の良いこと限りないと思っています。
もっと、こういうメディアをプロ棋士さんが活用なさってくださることを祈っています。

やってるやん!
という反論ある方は、やってるやん!をどうやって世の中にアピールできるかを、考えて欲しいですね。
イベントや大物対局のプレゼンが下手すぎるのでは?と

日本棋院さんだけでなく、様々な地方の活動にしてもネットの活用は最大限のアピールになると思っているのですが、どうでしょう?ももぞうさん。
2006/11/11(土) 08:17 | URL | pg #UoJDqtOY[編集]
一昔前に比べると、日本棋院ネットとか、整備はされてきてるんでしょうけど、(なんかトップページに会員形態が変わったとか書いてあるけどあれはどうかと思う(笑))その「使い方」が下手なんだと思います。新しいものを作ったらそれで満足しちゃう。素人仕事ですね。この前やってた大和証券杯も、もっと工夫すれば、有料でも見よう!と思う人が増えただろうに。(ブログで書こうと思ってたけどめんどくさくなってやめた(^^;) ナゾさんやまたみつさんのように「動ける」人がいればいいんですが、いなさそうだし、そういう場合は「外部の専門の人」にやってもらえばいいと思うんですが、予算がどうとか、変なところでケチるんだろうなぁ・・・。
2006/11/12(日) 02:52 | URL | ももぞう #Lt.IuOXk[編集]
偶然このブログを見てしまいました、通りすがりの者です。
日本棋院はやっぱり、内輪だけで仲良しクラブみたいになっちゃってるから進歩が無いんでしょうね。
ベテラン職員をかなりリストラしたようですが、他に就職できなさそうなニート候補をコネで採用してないで、他の企業に取られそうな優秀な人材を高給で引っ張ってくるぐらいの気合を見せて欲しいですね。
普通の企業なら「お客さんの喜ぶこと」を考えますが、棋院は「職員の喜ぶこと」を考えてますから、ベテランを切ったところで若手職員にもたいして期待できないでしょう。
内側からでは改革できないでしょうから、もっと外部の意見を聞いて欲しいと思います。
2006/11/24(金) 21:03 | URL | 通りすがりの者 #-[編集]
小林光一九段が副理事長になったので何か変わるかと思ったんですが、あまり変わりはないようですね。(大手合がどうとかいう話があるようですが、まだ週刊碁を読んでいないのでわかりません)
外部に任せればいいんですが、やらない。自分たちの都合のいいようにしか、考えていない。対策をちょっとやってみただけで満足。・・・なんか、どこぞの国の教育委員会みたいだなぁ。(^^;)
2006/11/27(月) 01:44 | URL | ももぞう #Lt.IuOXk[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
11月6日付けの朝日新聞夕刊。「高尾名人本因坊免状の発行」記事を読んだとき、私もももぞうさんと同じ感想を抱いた。あまり日本棋院にケチをつけてばかりいるも、どうかと思う。しかし感じてしまった気持ちは、偽りようがない。この記事から、発行されている免状そのものを
2006/11/11(土) 22:16 | 対局日誌
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。