ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8回農心杯第1R・第2R
2006年11月27日 (月) 01:25 | 編集
どうも、ブログ休みマンです。
農心杯ですが、第1ラウンドもまとめてなかったみたいなんで、ここで一気に。




第1ラウンド
(左側が勝ち、結果のところのリンクから棋譜に飛びます)
第1戦(9/12) 羽根直樹九段(日本) 白1半 王磊八段(中国)
第2戦(9/13) 羽根直樹九段(日本) 白半目 曹薫鉉九段(韓国)
第3戦(9/14) 彭セン七段(中国) 白3半 羽根直樹九段(日本)
第4戦(9/15) 彭セン七段(中国) 白3半 崔哲瀚九段(韓国)


第2ラウンド
第5戦(11/22) 彭セン七段(中国) 黒中押 今村俊也九段(日本)
第6戦(11/23) 彭セン七段(中国) 白3半 元晟シン七段(韓国)
第7戦(11/24) 彭セン七段(中国) 白3半 山田規三生九段(日本)
第8戦(11/25) 朴永訓九段(韓国) 黒1半 彭セン七段(中国)
第9戦(11/26) 朴永訓九段(韓国) 黒2半 高尾紳路九段(日本)
第10戦(11/27) 朴永訓九段(韓国) 黒2半 陳耀五段(中国)


残りの棋士
中国:孔傑七段、古力七段
韓国:朴永訓九段、李昌鎬九段
日本:依田紀基九段


ホウセン強えぇ~~~
日本弱えぇ~~~~~
依田さんに負担がかかるばかりだなぁ。4連勝しないといけんて、さすがに無理でしょ。
依田さん、今回ばかりはあまり無理しないでください。一局でも多く見れたらうれしいけど。
韓国はヨン様が2連勝したけど曹、崔、元と3連敗で、内実日本と同じ。チョルハンなんてエースじゃないの。中国おそろしや~。
【追記】
昨日で終わりだと思ってたら、今日もあったのね~(^^;)。ヨン様3連勝。依田さんファイトー




今後、当ブログでは高尾さんのことを

高尾名人本因坊(笑)


と表記させていただきます。ご了承ください。




あとは国際新鋭対抗戦と大理杯まとめ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
李昌鎬李昌鎬(イ・チャンホ、1975年7月29日 - )は、囲碁のプロ棋士 (囲碁)|棋士。大韓民国|韓国全羅北道出身。韓国棋院所属。現役世界最強と呼ぶ声も多い。棋風は序中盤はじっくり打ち、ヨセで勝負を付ける。ヨセの力は極めてすばらしい。ニックネームは「石仏」。.wikil
2007/03/06(火) 15:24 | 韓国有名人辞典
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。