ももぞう囲碁ウォッチ
履歴書に「趣味:囲碁観戦」と書きたい。打たなくたっていいじゃない。苦手だもの。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
囲碁普及~棋士フランチャイズ制を考える
2006年11月28日 (火) 02:14 | 編集
囲碁普及 - 考察日記さんの「孤軍奮闘する四国アイランドリーグ」という記事を読ませてもらって、囲碁普及について考えていたことを思い出しました。

その名も(^^;)、「棋士フランチャイズ制」。


囲碁普及 - 考察日記さんが書かれているように、囲碁で地域(地方)密着方プロというのはあまりおられないように思います。(広島在住の山本賢太郎四段、長崎在住の高原周二九段くらいしか思い浮かびません)
で、どうすればいいかと考えたのが「棋士フランチャイズ制」なんですが、どういったものかというと、


都道府県を人口、面積等に比例して人数を割り振り、出身者を優先的に配置する。国外出身者は、国内出身者の少ないところへ配置する。
各棋士は、担当の都道府県でイベントなどがある場合、優先的に赴く。
地方組織と協力し、地方アマチュアへの指導、普及をする。
有望な子供があれば継続的に指導したり、上京の手助けをしたりする。
都道府県対抗戦なんかやってみるとおもしろそう。中国の甲級・乙級リーグみたいな。



ポイントは「プロと地方をつなぐこと」「地方から碁界を盛り上げること」。
三大都市圏には棋院もあって、プロもいて、その上インストラクターもたくさんいて・・・・・その分アマチュアもたくさんいるんでしょうけれど、飽和状態なんじゃないかと思います。反面、地方は何もありません。プロはたまにしか来ません。格差がものすごく大きいんです。その格差を埋めるものが欲しい。
都道府県を担当する棋士を決めておけば、各地方支部の方々も「指導碁ならあの先生に頼めばいい」などとなり、わかりやすく依頼しやすくなるのではないでしょうか。
出身者の少ない地方でも、国外出身の棋士に担当していただければ、思わぬ有名棋士が地方に来てくれるかもしれません。
プロが地方と積極的に関わることで、地方のファンも盛り上がるだろうし、するとプロを応援する人も増えるだろうし、元手もそんなにかからなさそうだし(^^;)、一石二鳥以上の効果はあるかと思います。


文章のまとめ方が非常に悪いのですが((^^;)あんまりなのであとで手直しします)、おわかりいただけますでしょうか。
私の足りない頭ではこれくらいしか出てきませんが、もっといいアイデアがありましたらお聞かせください。

そして日本棋院さん、プロ棋士のみなさん、この企画をもらってくださいませんか。お金は取りませんから。無断でパクっていいですから。(^^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど!
昔から、そのような意見は、棋士の中でも度々出るのですが、中々実現しません(爆
2006/11/28(火) 12:12 | URL | はちまん #-[編集]
関西棋院さんこそ地域に根付く活動をしてもらいたいなと思うのですが。(されてるのかもしれませんが)関西いうても広いですからねー。隅々まで行き渡って欲しいですね。地方を見捨てないでください。
なかなか実現できないのは、「やれない」のか「やらない」のか気になるところであります。(^^;
2006/11/28(火) 22:48 | URL | ももぞう #Lt.IuOXk[編集]
中国の甲級リーグみたいのもいいですね。「馬暁春は浙江」みたいな感じで。あるいは小林光一と結城聡の対局なら北海道と神戸でホームアンドアウェイ戦とか。
2006/12/02(土) 13:39 | URL | SlowBird #-[編集]
SlowBirdさんこんばんは。
都道府県対抗戦はおもしろくなると思うんですが。NECカップのように各地を回って。
もうちょっと地方に目を向けてくれる棋士もいていいと思うんですけどね。トッププロは忙しくて無理だろうけど、暇な人もたくさんいそうだけど(^^;
2006/12/06(水) 01:03 | URL | ももぞう #Lt.IuOXk[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。